※複数の特別価格・キャンペーンの併用はできませんのでご了承下さい。

【kitpas × MAU drawing project】ウィズダムアカデミー成城祖師ヶ谷大蔵校と駒沢桜新町校で武蔵野美術大学(MAU)の学生アーティストが黒板ジャックイベントを開催

 

本企画はウィズダムでもレッスンとして導入している「K-ART SCHOOL」のコンテンツ提供会社:アートクロジーさんプロデュースによる、若手アーティストの支援、そして障がい者の雇用と成長支援を積極的に推進している日本理化学工業株式会社を応援するためのCSR企画です。

第一弾はアーティスト:柳内聡太さんによる成城祖師ヶ谷大蔵校のキットパスボードジャックです。
子どもたちの様子を見ながら、その場の雰囲気・状況に合わせてどうするか決めていくスタイルだった柳内さん。自由に書いていいよ、と言われ、ゆっくり好きなことを描く子、かけ算を描く子、すべて消しにかかる子、先生にテクニックを習う子・・・いろいろなスタイルでみんな楽しんでいました。最後は柳内さんが子供たちが描いた絵に手を加え、まさにアーティスティックな仕上がりにしてくれました。







そして第二弾はアーティスト:中村香穂さんによる駒沢桜新町校の黒板壁紙ジャックです。
子どもが虫眼鏡でアリを見ている様子を大きく描き、地下にはアリの家がたくさんあるという構図を考えてきてくれ、後日アリの家の部分に子どもたちが描き足せるようにしてくれました。
「黒板」ではなく「黒板壁紙」なので「チョークの色が伸びにくく難しい!」と仰っていましたが、難しさを全く感じさせず、段々と絵が完成していく様子や、チョークで書いたとは思えない仕上がりに子供達もとても感動していました。







両校ではしばらくの間、黒板アートをそのままにしてありますので、ご興味がある方は是非校舎までお越しください。

お問い合わせはお気軽に

お電話でも受け付けております

(総合受付)
平日・土・日・祝日 10:00 – 18:00