「小4の壁」とは?起こる変化の内容・原因・対処法を徹底解説

「小4の壁」とは?起こる変化の内容・原因・対処法を徹底解説

子どもが9歳~10歳前後になると、学校の勉強や人間関係にさまざまな問題が起こるようになることから、世間では「小4の壁」と呼ばれています。勉強や生活のあらゆる場面で「小4がカギ」と言われるほど、この時期は子どもの発達段階において大切です。そのため、「問題にどう対処すればよいか」と不安に感じる方は多いでしょう。

この記事では、小4の壁とは何か、そして原因と対処法について詳しく解説します。壁を乗り越えれば、精神力や学力が一気に上がるチャンスの時期がきます。どのように子どもをサポートすればよいかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.「小4の壁」とは?変化の内容と原因

「小4の壁」とは、9歳前後の子どもが「学校の勉強についていけなくなる」「友人との人間関係に悩む」「劣等感を感じる」など困難な状況に直面することです。

また、小学4年生以降は学童など放課後に預けられる場所が少なくなるため、親が働き方の見直しを迫られるといった保護者側の壁として取り上げられることもあります。

以下では、「壁」の内容と原因について詳しく紹介します。問題が大きくなってから慌てることがないよう理解しておきましょう。

 

1-1.子どもが勉強についていけなくなる

小学4年生になると、学習の難易度が一段と上がり、授業についていけないと感じる子が多くなります。子どもが授業についていけないと感じる理由は、抽象的な学習内容が増えることです。

【抽象的な学習内容の例】

  • 目に見える数のたし算・ひき算ではなく、小数や分数など実体をイメージしにくい計算
  • ただ頭に浮かんだ自分の気持ちを述べるだけではなく、理由や根拠まで示す

小学4年生になると、上記のように実生活でイメージしにくい問題点についても考えられる力が必要になります。

 

1-2.子どもが劣等感を感じやすくなる

小学4年生の子どもは、脳の発達により自分を客観的に見ることができるようになります。そのため、自分と他人を比較して劣等感を感じやすくなります。発達の過程で誰にでも起こりうる問題ですが、自己肯定感を下げる要因にもなるため注意が必要です。

自己肯定感が下がると、「自分は何をやっても駄目だ」「やっぱりできなかった」など、挑戦する意欲の低下につながります。また、自分の短所ばかりに目が向き、落ち込んだり不安を感じたりすることもあるでしょう。

 

1-3.友人同士でのトラブルが増えやすくなる

小学4年生以降は、いつも一緒に過ごす特定のグループができ、友人関係が閉鎖的になりがちです。客観的な考え方ができるようになり、気の合う友人が分かるようになってきた証でもありますが、関係性が深くなるからこそトラブルが起こります。

特定のグループを作ること自体は、子ども同士が集団での秩序やルールを学ぶために必要な行為です。しかし、1つのコミュニティで仲間外れにされると、クラスで行き場を失ってしまうこともあるため注意が必要です。

 

1-4.子どもが親に反抗するようになる

子どもの不機嫌な態度が増えたり、言葉遣いが荒々しくなることで、小4の壁を実感する親もいます。小学4年生によく見られる親への態度は、下記の通りです。

  • 暴言を吐く
  • すぐに泣く
  • 甘えてくる
  • 常にイライラしている
  • 学校に行きたくないと言う

反抗的な態度だけではなく、泣いたり甘えたりと情緒不安定な反応を示すこともあります。我が子が毎日のように葛藤している様子を見て、対応に悩む方は多いです。

 

1-5.子どもの放課後の居場所がなくなる

現在は小学校高学年でも利用できる学童が増えている一方、小学4年生は学童待機児童数において全体の約3割と最も多くなっています。

出典:厚生労働省「令和3年(2021年)放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況(令和3年(2021年)5月1日現在)」

実際には学童を継続できたとしても、一緒に遊ぶ友人が減り、子ども自身が学童に行きたがらないケースもあります。子どもの居場所を用意するにあたっては、放課後だけでなく、夏休みなどの長期休暇も見据えた対策が必要です。

また、学童を利用できなくなると、親の仕事に影響が出る可能性もあるため、共働き家庭にとっては放課後の過ごし方が課題になるでしょう。

 

2.小4の壁に親はどう対処する?4つの対処法を紹介

小4の壁において親が避けなければならないのが、自分の子どもと他人の子どもとを比較することです。ありのままの子どもを親が認めてあげることで、子どもは安心して前に進む力を発揮します。

向上心とチャレンジ精神を持った子どもは、小4の壁を軽々と飛び越えていくでしょう。以下では、小4の壁に対して親ができる対処法を4つ紹介します。

 

2-1.子どもを褒めて自己肯定感を高める

学習面でも生活面でも、子どもを褒めることを心がけましょう。子どもが褒められたと分かりやすいように、「すごいね」「ありがとう」といった言葉を用いるのがポイントです。

また、褒める内容は「できた」「できなかった」といった結果ではなく、努力した過程や行動を褒めるようにしましょう。努力の過程を褒めることで、子どもは親が自分を認めてくれたと感じ、モチベーションを上げることにもつながります。

褒め方の具体例は以下の通りです。

  • 「分からないことを自分で調べたんだね、すごい!」
  • 「家族の分の食器を片付けてくれたんだね、ありがとう!」

 

2-2.教科別に子どもの学習をサポートする

学年が上がるにつれて、勉強が得意な子と苦手な子の学力差はどんどん広がります。子どもが勉強につまずいていると感じたら、早めにサポートしてあげましょう。

どの教科にも共通していることは、つまずいたところまで戻って反復学習をさせることです。勉強し直すことは、子どもにとっては面白くないかもしれませんが、先のことを考えると近道だといえます。

【算数】

算数は積み重ねが特に大事な教科です。小4からは小3までの学習をベースに小数や分数など発展した内容を習うため、四則計算(たし算・ひき算・かけ算・わり算)を十分に理解できているかどうかが重要になります。

【国語】

国語では習う漢字の量が増え、読み方が同じ漢字の中から正しいものを選ぶことが難しくなります。小3の漢字からつまずいている子も多いため、さかのぼって復習させることが大切です。

【理科・社会】

小学1、2年生では生活として学んでいた内容が、小学3年生から理科と社会に分かれます。算数や国語に比べてあまり重要視されないことが多いですが、知識差が出やすい教科です。理科と社会は絵や物語で理解させるマンガとの相性がいいため、積極的に取り入れることをおすすめします。

 

2-3.子どもの考えを尊重して口出しをしない

小4の壁に直面した子どもは、自分自身の気持ちや行動をコントロールすることが難しくなります。親は過去の経験から「こうしたほうがいい」とついアドバイスしたくなってしまいますが、子どもの考えを尊重して見守ることを意識しましょう。

子どもは自分の考えを否定されると、途端に反抗的になることもあります。子どもの可能性を信じ、「あなたなら大丈夫」と共感して寄り添うことが大切です。

 

2-4.体験活動をさせる

学校や家庭が自分の世界になりがちな小学4年生の気持ちを外に向けるために、体験活動をさせるのもおすすめです。キャンプなどの自然活動をしたり、美術館や工場を見学をするのもよいでしょう。外で体を動かしたり新しいものに触れたりすることで、自分の内面にばかり向いていた気持ちを発散させ、ストレスの解消につながります。

また、家事の手伝いをさせることも体験活動の1つです。子どもと一緒に玉ねぎの皮をむいているうちに、困っていることを話し始めてくれることもあり、貴重な親子の時間にもなります。

 

まとめ

小4の壁を迎えると、低学年では想像もつかなかった悩みが出てきます。しかし、トラブルが起こるということは、子どもが順調に成長の階段を上っている証拠でもあります。「壁」ではなく「飛躍のチャンス」として受け止めることが大切です。子どもの問題に落ち着いて向き合うためには、親がゆとりを持って子どもに接する必要があります。

ウィズダムアカデミーは、4年生以降の子どもでも放課後の時間を有意義に過ごすことができる民間学童保育です。30種類を超える習い事の中から興味のあることに挑戦でき、自分自身でも気が付かなかった得意を見つけることができます。意欲的に取り組める習い事が見つかれば、「壁」を感じていた子どもが自信を取り戻すきっかけにもなるでしょう。