幼児に英語教育は必要?早期教育のメリットや学習を楽しむポイントも

幼児に英語教育は必要?早期教育のメリットや学習を楽しむポイントも

幼い子どもを育てる中で、「我が子に英語を覚えさせたい」と考える方は多いでしょう。英語教育を検討するに際して、「本当に幼児に英語教育は必要なのか」「デメリットはないか」といった疑問や不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は、幼児に英語教育を行う必要性、英語教育のメリット・デメリット、英語教育に最適な時期、英語教育を行う上でのポイントについて解説します。英語教育をするべきか迷っている方や、英語を話せるような子に育ってほしいと考えている保護者の方は、ぜひお読みください。

 

1.幼児に英語教育は必要?

小学校へ入学する前に英語を学んでおくことで、小学校生活やその後に良い学習効果をもたらすことが期待できます。理由としては、主に以下の2つがあります。

・小学校における英語教育は日々本格化し始めているから

日本の小学校では英語が必修科目となっており、小学校の英語教育は強化されつつあります。2020年からは、教育改革の一環としてアクティブラーニングが始まりました。事前に英語に触れておくことで、小学校での英語の授業についていきやすくなるほか、中学受験の対策もスムーズに行えるようになります。

・現代社会はグローバル化が進んでいるから

グローバル化が進む現代社会では、英語を話せる人材の需要が日々高まりつつあります。幼児期から英語を学ばせることは、大人になってからの人生の幅を広げることにもつながります。

また、今後さらにグローバル化が進めば、英語を話せることは「スキル」ではなく「当たり前」になる可能性もあるでしょう。幼児から英語に触れることは、グローバルな社会で生きていく上での大きな助けとなります。

 

2.幼児に英語教育をするメリット・デメリット

幼児に英語教育をすることには、メリットとデメリットが存在します。英語教育を検討している場合、メリットとデメリットはもちろん、周囲の意見や子どものタイプなども踏まえて判断をするのがおすすめです。

以下では、幼児に英語教育をするかの判断材料として、メリットとデメリットを3つずつ解説します。

 

2-1.早期英語教育のメリット

早期に英語教育を受けさせると、以下のようなメリットが得られます。

・自然に英語力が向上する

幼児のうちから英語教育に触れることで、大人よりも自然に英語力を向上させることが可能です。大人が英語を学ぶ場合、「言語を勉強する」という意識で学ぶため、挫折するリスクがあります。しかし幼児であれば、勉強という意識を持たずに、日本語を覚えるのと変わらない自然な感覚で学ぶことができます。

・吸収力が高いためバイリンガルになる可能性がある

幼児はあらゆる情報の吸収力が大人よりも高いため、早期英語教育によってバイリンガルに育つことが期待できます。特に「国際系の仕事にも就けるように育てたい」と考えている家庭の場合、バイリンガルは将来大きな役に立つでしょう。

・感情・意見の表現方法や多様性が身につく

幼いうちから英語に触れることで、直接的な感情表現の方法を学べます。その結果、「自分の気持ちを把握し、その気持ちを伝える」という能力の向上が期待できます。日本とは異なる世界の文化に触れることで、文化はもちろん価値観の違いなどを理解し、多様性のある子どもに育ちやすくなるというメリットも期待できます。

 

2-2.早期英語教育のデメリット

早期英語教育には、以下のようなデメリットがあります。

・英語が苦手になる可能性がある

無理に英語教育を受けさせると、子どもの学習意欲は落ち、英語が苦手になる可能性もあります。厳しい教育をすると、「英語学習=嫌なもの」というイメージがつくことにもなりかねません。「英語は楽しいもの」という印象を残せるよう、楽しさを優先した教育を意識することが大切です。

・最終目標によっては膨大な費用が必要になる

目標によっては、膨大な費用が必要になるケースもあります。学習の理由が「小学校で子どもがスムーズに英語を学べること」であれば、英語教室に通わせるだけでも達成しやすいため、そこまでの費用はかからないでしょう。しかし「外国人レベルの綺麗な発音をマスターさせたい」といった目標がある場合、高額なインターナショナルスクールへの入学を検討する必要があります。

・日本語の発達が遅れる可能性がある

幼少期に英語と日本語を同時に学ばせることで、混乱が生じ、日本語の発達が遅れるケースがあります。

なお、日本語の遅れについては、過度に心配しなくても問題ありません。日本人の場合、日常生活では英語より日本語のほうが圧倒的に触れる機会が多いため、日本語は意識しなくても自然に習得できます。

 

3.幼児への英語教育に適した時期

幼児への英語教育に適しているとされる時期は、3〜4歳ごろです。

一般的に、幼児期にあたる0〜5歳ごろに英語教育を取り入れることでスムーズに英語力を身につけられると言われています。なお、5歳をすぎても諦める必要はありません。5歳以降からのスタートであっても、十分なレベルに到達する可能性はあります。5歳以降から教育を始めてどの程度英語力が身につくかは、子どものタイプや環境、教育方法によって変化します。

また、高い英語力を身につけさせたい場合は、7歳までに英語をある程度習得するのがおすすめです。7歳でそれなりのスキルがある状態をゴールにすることで、ネイティブに近い英語力を持った子どもに育つ可能性が高まります。

 

4.幼児の英語教育でのポイント3つ

幼児の英語教育には、いくつかの注意すべきポイントが存在します。ポイントを押さえることで、子どもにやる気を湧かせ、楽しみながら学習に取り組んでもらえるようになります。

英語教育において最も大切なことは、保護者の気持ちや意見を優先させすぎないことです。保護者ではなく子どもの気持ちを常に優先し、子どもの興味を刺激する形で学びを進めさせることが何よりも重要となります。

ここからは、子どもに英語教育を行う上で特に意識すべき具体的なポイントを解説します。

 

4-1.子どもの好奇心や自主性を尊重する

英語を学ばせる上では、子どもの好奇心や自主性を何よりも尊重しましょう。

高い英語レベルをゴールとしている家庭の場合、早く英語を覚えさせようとするあまり、子どもの気持ちを蔑ろにして学ばせるリスクがあります。しかし、幼い子どもにとって楽しくない勉強は苦痛以外の何者でもありません。英語を好きになってもらえるよう、内容が易しい幼児用英語教材や英語絵本、英語の歌などを用いて、楽しい学習方法で学ばせることが大切です。

子どもが英語を好きになることで好奇心が育まれ、自ら「英語を学びたい」と考える自主性が発達します。子どもに好奇心と自主性が生まれると、スムーズな言語習得にもつながります。

 

4-2.親子で一緒に楽しみながら学ぶ

子どもに英語を学ばせる上では、子どもだけでなく親も積極的に参加しましょう。幼い子どもは、家族と楽しく過ごす時間が何よりも好きです。

英語学習の時間を「家族みんなで楽しむ時間」にすることで、遊びのような感覚で楽しく英語を身につけさせることができます。

 

4-3.継続して学べる環境を用意する

英語を学ばせる上では、継続した学習が欠かせません。継続して学び続けられる環境が整っていなければ、今までに覚えた英語をいつの間にか忘れる可能性もあります。どれだけ時間をかけて学習させても、忘れてしまえば意味がありません。

継続した英語学習を行う場合、英語を学べるスクールを活用するのがおすすめです。スクールに通うことで、質の高い英語学習を長きにわたって受け続けることができ、確実な英語力の習得にもつながります。

 

まとめ

吸収力の高い幼児期に英語脳を鍛えることで、自然な英語力の向上が期待できます。

幼児に英語教育を行う場合、継続的な学習が欠かせません。頭から消えることのないよう、しっかりと英語を定着させたい場合は、英語を学べるスクールに通わせて、英語に長く触れさせるのがおすすめです。

ウィズダムアカデミーは、英語カリキュラムの充実に取り組む民間学童です。オールイングリッシュの学童のため、放課後の時間を使って自然かつ楽しく英語を学ぶことができます。日常の中に英語を取り入れ、無理なく子どもの英語学習を進めたい方は、ぜひご検討ください。